画廊案内

村越画廊は昭和31年に銀座並木通8丁目で開業して以来、約60年、近現代の日本画を扱う企画画廊として営業して参りました。創業者、村越伸は横浜生まれ。戦前には江戸時代の文人画や書を扱う老舗で厳しい修業を重ね、戦後、小林古径、小倉遊亀、山本丘人、高山辰雄などの実力ある作家を扱う一方、横山操、石本正、加山又造、平山郁夫といった同世代の気鋭の才能を世に送る活動をしました。これら作家に共通するのは、しっかりとした古典の素養が基礎にある事です。

2005年、村越の長女、桜井美穂子が画廊を引き継ぎ、以来、日本画に限らず、さまざまなジャンルの若手を応援しています。
もちろん、従来の取り扱い作家の優品を引き続き扱い、その鑑定も行っておりますので、何時でもお気軽にご相談下さい。

コレクターの嗜好も多様化し、アジアのアート界も活発に活動していますが、一時の流行に流される事無く、何十年経っても揺るがない仕事を続けて行ける作家を、これからも紹介して行きます。

桜井美穂子 略歴

1957年 東京生まれ。
1983年 立教大学文学部博士課程前期修了(日本近世演劇)。
1983年 村越画廊入社。
加山又造の版画作品の出版を主たる業務とした、村越画廊の子会社「版画廊(はんがろう)」の設立、 運営に携わる。(2008年、親会社と経営統合)加山版画レゾネの編纂、出版を行う。
2006年 代表取締役社長就任。

東京美術商協同組合理事。日本版画商協同組合理事長。

〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-16 岩月ビル8階
TEL:03-3571-2880/8247
FAX:03-3574-0159

10:00am - 6:00pm (催事中 7:00pm 土曜日6:30pm)
休廊 : 土曜・日曜・祝日
土曜につきましては予約制となっております。
ご希望の方は三日前までにご連絡ください。
画廊催事中は土曜も営業しております。

東京メトロ銀座線・日比谷線・丸の内線 銀座駅
B5出口 並木通りを新橋方面へ徒歩2分
JR 有楽町駅より 徒歩5分
JR 新橋駅より  徒歩10分